2012年06月05日

業務用ハンディクリーナーで有名なマキタの掃除機「充電式クリーナ CL141FDRFW」を買ってみた

2012年06月05日 21時31分00秒


業務用ハンディクリーナーで有名なマキタの掃除機「充電式クリーナ CL141FDRFW」を買ってみた


IMG-title.jpg

掃除機にもいろいろ種類があります。ゲームで言うところの据え置き機にあたるものから、携帯用ゲーム機のように持ち運びに便利なものもあります。
しかしながらそれらには一長一短があり、携帯型ならサイズが小さくて持ち運びやすいですが、その分吸引力が弱かったりコードレスタイプなら充電する必要があります。据え置き型は吸引力が高いもののしまう場所を多く必要とするデメリットがあります。
それらの点をできるだけ解消できる掃除機はないものかと思っていたところ、業務用として使われている吸引力抜群のハンディクリーナーがあるということで早速ネットで注文してみました。


マキタ 充電式クリーナー CL141FDRFW(標準小売価格 35,400円(税別))

メーカー直販はやっていないようなので型番で検索して一番安いと思われるサイトで注文することにしました。

【回転ノズルプレゼント】マキタ 充電式クリーナ CL141FDRFWSSP

届いたものをあけるとき気になるものがありました。これは・・・?
IMG-1.jpg

注文登録のときに書いた早めにほしいというのを見てくれたようで、どうやら注文先の方が気を利かせてくれたようです。
IMG-2.jpg

中を空けると本体の入ったダンボール、バッテリーセットと今回おまけで付属する回転ノズルが入っていました。
IMG-3.jpg

この中に掃除機本体が入っています。
IMG-4.jpg

あけると白い本体が見えました。
IMG-5.jpg

中身を取り出していきます。まずはノズル。
IMG-6.jpg

延長用のストレートパイプ。
IMG-7.jpg

本体はポリ袋に入っています。
IMG-8.jpg

本体に最初からストラップが付いてます。
IMG-9.jpg

横にはマキタのロゴ。
IMG-10.jpg

もち手には滑り止めのラバーコートがあり、そばには排気口があります。
IMG-11.jpg

上から見たところ。
IMG-12.jpg

スイッチはHIGH/LOWとOFFの2つ。
IMG-13.jpg

底側から黄色に見えるところがバッテリーを接続するところです。
IMG-14.jpg

アップで見るとこんな感じ。
IMG-15.jpg

注意書きに水を吸わせると故障の原因になるのでやめるよう書いてあります。
IMG-16.jpg

このままでは動かないので充電器とバッテリーを取り出します。
IMG-17.jpg

プチプチに包まれてます。
IMG-18.jpg
IMG-19.jpg

充電器です。大きめですが見た目ほど重くありません。
IMG-20.jpg

充電完了を知らせるメロディーが流れるようです。
IMG-21.jpg

こちらがバッテリー。
IMG-22.jpg

充電端子保護用のカバーをはずしたところ。
IMG-23.jpg

リチウムイオンなので継ぎ足し充電が可能です。マキタ工具専用だそうです。
IMG-24.jpg

端子部分はこのようになっています。
IMG-25.jpg

充電するときは上からこのようにスライドさせてセットします。ばねが強めなので差し込むのに少しとまどいました。
IMG-26.jpgIMG-27.jpg

取り外すときは背面にある白い部分を上に持ち上げながら引き抜くと外れるようになっています。
IMG-28.jpg

掃除機にバッテリーをつないだところ。
IMG-29.jpg

なんとなくSF映画に出てくる船のような印象を受けます。
IMG-30.jpg

ノズルをつけると掃除機らしくなりました。
IMG-31.jpg

ストレートパイプも追加すると結構な長さ。
IMG-32.jpg

この長さなら立ったまま掃除機をかけることができます。利き手じゃなくても持つことが可能な重さです。
IMG-33.jpg

ちなみに掃除機のスイッチをONにすると・・・
IMG-34.jpg

このようにLEDランプが吸い込み口に向いているので暗い場所を照らしながら掃除できるようになっています。
IMG-35.jpg

おまけについてきた回転ノズルを取り出そうと手を伸ばすと紙が入っていました。
IMG-36.jpg

紙の間にまた紙が・・・
IMG-37.jpg

「この度は、お買い上げありがとうございます。今後とも、よろしくお願い致します。木らく部」
と書いてありました。
IMG-38.jpg

もうひとつは納品書でした。
IMG-39.jpg

回転ノズルを取り出します。
IMG-40.jpg

ノズルの中はこのようになっています。
IMG-41.jpg

本体に取り付けたところ。純正品ではないので色が違います。
IMG-42.jpg

ストレートパイプと連結したところ。サイズが少し違うので取り付けるときに力がいるかもしれません。
IMG-43.jpg

このCL141FDRFWはゴミ捨てが簡単なカプセル集じんとなっているので紙パックを使用しません。
本体中央付近のつなぎ目を回転させると「パカッ」と外れます。
IMG-44.jpg
IMG-45.jpg

吸い込み口側内部を見ると、逆戻り防止の弁が見えました。
IMG-46.jpg

持ち手側にフィルターが付いています。
フィルターのプラスチック部分を持って90度ひねると「パカッ」とはずせます。
IMG-47.jpg
IMG-48.jpg

モーターが少しだけ見えます。
IMG-49.jpg

ごみはフィルター部分に引っかかるのでモーターまで届くことはありません。
IMG-50.jpg

購入時の価格は22,800円(税込)とほかのサイトに比べてかなり安いようです。さらに今なら回転ノズルも付いて送料無料だそうです。※2012年7月1日現在も購入可能です。

今回、木楽部の対応のよさに感動したので、このような形で紹介させていただきました。
丁寧な対応ありがとうございました。

追記
2013年1月5日現在では薄型の充電器に変わっているようです。
IMG-51.jpg
IMG-52.jpg

購入時にすでに薄型が出ていたという事実はここだけの話にしておきます。








posted by @UMA at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | GIGAZINE風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

うぇぶろぐ - プロローグ

フォントサイズのテスト。



あいうえお(極大)

↑ちょっとおおきすぎないか?(大)

これくらいなら問題ないはず。(中)

小はおそらくデフォルトのサイズと予想してみる。(小)

これって読めるのか・・・?(極小)


普通に手打ちでタグが挿入できるようだ。
いわゆるブログをはじめました、以上。
posted by @UMA at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。