2016年02月29日

新作ファミコンソフト「8BIT MUSIC POWER」を買ってみました

2016年2月29日 23時59分60秒


新作ファミコンソフト「8BIT MUSIC POWER」を買ってみました


8bit_1.jpg

トランプや花札などのアナログゲームから始まり、電子機器を使ったデジタルゲームを世に広めたことでも有名な、任天堂株式会社が発売した家庭用ゲーム機の「ファミリーコンピューター」(以下、ファミコン)は、1980年代から90年代に大ヒットを記録した据え置き型ゲーム機で、ビデオゲームで遊ぶにはゲームセンターに行くのが当たり前だった時代に家でビデオゲームを遊べる環境を築き上げた、デジタルゲームにおける金字塔とも言うべきものです。
そんなファミコンのゲームソフトが発売を終えて20年以上経過した21世紀に新作ソフトのカセットが発売されるという異例の事態に冷静さを失った筆者である@UMA(以下、@UMA)の脳内から「世界的ですもんね。乗るしかない、このビッグウェーブに」の掛け声が響き渡ったため、衝動的に購入してしまいました。
以下はフォトレビューです。

表面。ファミコン初期に発売していた小型サイズのよう。
8bit_2.jpg

裏面には、「8ビットゲーム機で聴く、チップチューン音楽アルバムカセット!」の文字があります。
8bit_3.jpg

まだ見ぬ期待を胸にパカリと開けます。
8bit_4.jpg

ススッ。
8bit_5.jpg

紙箱から出したところ。ファミコンテイストな説明書付です。
8bit_6.jpg

カセットを表に向けるとこんな感じ。
8bit_7.jpg

裏には懐かしさを誘う注意書きがあります。
8bit_8.jpg



ここで思わぬアクシデントが!
なんと、@UMAが持っているファミコンをつなぐことができるブラウン管テレビがなく、所持しているファミコン互換機では動作しないという事態に・・・
調べてみると、RetroN 5やレトロフリークといったファミコン互換機なら動作するようです。




ロクに調べなかった@UMAの8BIT MUSIC POWERを動作させる日はまだ先になりそうです。
8bit_9.jpg








posted by @UMA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GIGAZINE風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

1週間ほど前に


プロのトランペッターである宮城さんがFacebookで音楽についての思いを書き込んでいて、

筆者である@UMA(以下@UMA)は一読の価値があると感じたのでリンクを貼ります。

コメント - Eric Miyashiro
https://www.facebook.com/eric.miyashiro.5/posts/10208211939592628


当人も最初に書いていますが、若干長文です。(@UMAは適当な長さだと思います。)



考えさせられる内容で、「(この一文は@UMAのことを指しているのだろうか・・・)」と思ったりしました。
@UMAは、自分が発信したトランペットの情報だけで簡単に音を出せるようになったり、うまく演奏できるようになる、というつもりで書いたことはありません。
プロでも指導者でもない初心者の@UMAが実際に練習してきたことをウェブログでトランペットカテゴリをつくり、ほぼリアルタイムで書いてきたことが問題に発展する要因のひとつならば残念だと思います。
詳細は書きませんが、@UMAがトランペットの情報を発信するのを現在の形にしてきたのは、
一般的な書き方だけでは情報の本質部分が見えにくい・わかりづらいという問題をどうにかするためでもあります。
もし、独学でトランペットを吹けるようにするためネットの情報を使うのならば、@UMAの出した情報だけでなく、別のサイト(HP・ブログ、FBやTwitterなどSNS系サイト等)から情報を得てください。特定箇所の情報だけでは偏ったものになるからです。

自分で考える力をつけるというのは、音楽に限らず人として生きていくうえで必要になることですので、
誰かに言われたから、ほかの人がそうし続けてきたから、
ではなく、人のことも尊重しつつ自身の気持ちを大切にできるように心がけられると良いですね。
(不要だと思いますが、宮城さんへの否定・批判や皮肉などのネガキャンでないです。(念のため))




posted by @UMA at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

独ペの種 [02]


おはこんばんちは、@UMAです。

今回の種は、「高音域(に上がるつれて)の運指」です。

F5付近より上の音が当てにくいときは替え指の存在を再認識すれば変化があるかもしれません。

@UMAはG5が当てにくいとき、3番で吹き鳴らすと当たりやすく感じます。




posted by @UMA at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。