2016年11月28日

検索結果からたどって


Amazonのサイトでぬいぐるみを眺めはじめると、

「かわいいなー」と思うのですが、可愛いから購入を続けるとキリがないので、

筆者である@UMAは眺めるだけにしています。(TT)








posted by @UMA at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

発売時期的に考えて


そろそろ新製品が発表されるだろうと踏んでいたところ、やはり今年に来ましたよ!

15.6型 フルHD IPS液晶搭載モバイルモニター GeChic 「On-Lap 1503I, On-Lap 1503H」の取り扱いを開始|テックウインド株式会社
http://www.tekwind.co.jp/information/GEC/entry_569.php


筆者である@UMA(以下、@UMA)のほしい性能をほぼ満たしていた「On-Lap 1502I」の後継機種で、サイズダウン、軽量化、応答速度の改善、と見事に魅力を増しています。
前機種の当時から気になっていたベゼル幅をうまく縮めたことで、理想的な大型モバイルディスプレイとして新生した1503シリーズ!これはたまりません!

唯一気になることといえば、厚みが2〜3mmほど増したことくらいですね。許容範囲内です。
@UMAがこれを買わないという選択肢は「ない」






と、言いたいところですが、















バーン!
ba-n.jpg
















ババーン!
baba-n.jpg













買っています。買いました。















しょうがないですよ、魅力的ですもんね。










え?違いますよ。

On-Lap 1502Iじゃない奴です。




これです。




On-Lap 2501H」という別シリーズのフルHDバージョンです。

店頭販売せず数量限定なのに大々的に広告を打ち出さなかったので、知名度はイマイチなのですが、
カタログスペックをみると、1502Iのタッチ機能を省いて軽量&サイズダウンという性能だったため、こっそり買っていたのです。

購入していた2501Hは電源供給用USB端子をコンセントに接続するアダプタが付属していたり、BIOS画面を表示することができたり、思っていたよりも画面の大きさが気にならずに使えたりと、予想以上に@UMAの要求にこたえてくれています。
デスクトップPCに使う液晶モニターと比べると、約15インチのディスプレイは小さく感じるかもしれませんが、ノートPCを使う感覚で例えてみると良さを感じられると思います。

・小型のモバイル向けノートのサイズはおよそ11インチ以下
・一般普及している(と思われる)ノートのサイズは13インチ前後
・比較的大型なノートのサイズは約15インチ以上

上記は@UMAの認識なので誤りがあるかもしれませんが、サイズ的に大型ノートPCで作業しているようなものなので、1フレームに生死をかける場合を除き苦になることはないかと思います。



タイミングを見てGIGAZINE風にタイプしようと思っていたところ1503シリーズが発表されたので、以下は適当な画像と少しのコメント等を付随していきます。


スペックです。
i.jpg

フルサイズキーボードと並べるとこう。
ro.jpg

厚みを比べる。
ha.jpg
ni.jpg

モニタの下にキーボードをしまうための台を用意。
ho.jpg

やったぜ。
he.jpg

食器棚の空間を有効活用するのが普通のディッシュラック
to1.jpg

本棚の本を倒れないようにするのが普通のブックエンド
to2.jpg

サブモニターとして使うのが普通のモバイルディスプレイ
to3.jpg

三身合体!(ババーン!)
baba-n.jpg





締めに@UMAの要望としては

・モニター起動時のロゴを非表示に設定(ON/OFF)で高速起動
・モニターの画面出力と音声出力を個別にON/OFF設定可能

この2つがそろえばパーフェクトです。
(GeChicのスタッフがこれを見てファームウェア等、対応してもらえるのを望みます)

GeChic -On Lap portable monitors
https://www.gechic.com/





posted by @UMA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

色々聴いているうちに


気になったことが。

8bit music powerの矩形波(2つ)・三角波・ノイズ・ΔPCMを個々でオンオフできる機能が

SEで働いていないのはなぜなんだろう?


効果音は曲とは別枠だから分離して聴けないのはバグではなく仕様という感じなのかな。

検索してもそういう報告を見かけなかったのでバグなのか仕様なのかちょっとわかりませんでした。






posted by @UMA at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。