2017年07月31日

BIOSの読み方は


広く知られているのが「バイオス(ばいおす)」です。それ以外の呼び方を筆者である@UMA(以下、@UMA)は見聞きした覚えがありません。

現在ではBIOSのようでBIOSでない、「UEFI」が主流となっています。

このUEFI、読み方がBIOSと違って決まった呼び方が定まっていません。

いずれ定まるときがくるとは思いますが、アルファベットをそのまま「ゆーいーえふあい」と呼ぶのは手間に感じます。

そこで、Google先生にこのUEFIの呼び方を聞いてみることにしました。

その方法は、"翻訳"で検索して、上位にあるGoogle翻訳サービスにてUEFIを英語から翻訳させる。というものです。

「英語→日本語と翻訳した語句を読みにするのか?」と思われるかもしれませんが、それは不正解です。

実はGoogle翻訳には、翻訳前後の語句を音声出力する機能が備わっています。

その出力される「UEFI」音声の聞いたままを読みにしようと言うのが@UMAの狙いなのです。

そして実行した結果、「ユイエファイ(ゆいえふぁい)」と聞き取ることができました。

ということで、UEFIの呼称はユイエファイに決まりました。

※@UMAはユイエファイよりバイオスのほうが呼びやすいのでUEFIを含めてBIOS読みにしています。






posted by @UMA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでも良いこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。