2017年07月31日

BIOSの読み方は


広く知られているのが「バイオス(ばいおす)」です。それ以外の呼び方を筆者である@UMA(以下、@UMA)は見聞きした覚えがありません。

現在ではBIOSのようでBIOSでない、「UEFI」が主流となっています。

このUEFI、読み方がBIOSと違って決まった呼び方が定まっていません。

いずれ定まるときがくるとは思いますが、アルファベットをそのまま「ゆーいーえふあい」と呼ぶのは手間に感じます。

そこで、Google先生にこのUEFIの呼び方を聞いてみることにしました。

その方法は、"翻訳"で検索して、上位にあるGoogle翻訳サービスにてUEFIを英語から翻訳させる。というものです。

「英語→日本語と翻訳した語句を読みにするのか?」と思われるかもしれませんが、それは不正解です。

実はGoogle翻訳には、翻訳前後の語句を音声出力する機能が備わっています。

その出力される「UEFI」音声の聞いたままを読みにしようと言うのが@UMAの狙いなのです。

そして実行した結果、「ユイエファイ(ゆいえふぁい)」と聞き取ることができました。

ということで、UEFIの呼称はユイエファイに決まりました。

※@UMAはユイエファイよりバイオスのほうが呼びやすいのでUEFIを含めてBIOS読みにしています。






posted by @UMA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでも良いこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

適切なタイトルをまじめに考えると


ピンとこないので、普段からタイトルはテキトーだったりします。



何気に地味なうぇぶろぐを続けています。

それほど続かないような気持ちを持ってはじめたものが続いています。

まだまだ続ける(と思う)ので、興味のわいた人は興味をなくすことなく見てもらえると地味にうれしいです。

で、本題はここから。

@UMAは、発信する情報は質の高いもの、あるいは正確に近いものを発進する(←どこへ向かうつもりだ)ことを心がけています。

ですが、恥ずかしながら@UMAはものぐさでもあるので、情報の表記が一部足りなかったり、若干の思い違いなどから正確性に欠けることがあります。

具体的には(なぜかぼかしますが)、本来#や♭が必要な部分をつけていなかったり、図った長さが(結果的には)不正確だったりします。

どちらも誤差レベルで、ネットの情報は全部が全部100%正しいものとして扱われるのが常識になってほしくないというなぞの気持ちもあって直さないままとしています。

なので、そういった情報は読者による脳内補間、俗に言う空気を読むことを前提としてもらうと、非常に助かります。(主に@UMAが助かります)

この@UMAなウェブログというサイトは、大真面目に読むより、流し読みしつつ気になった情報をつまみ食いする感じで読むのが正しいというか、推奨する読み方だと思ってます。



二言書くなら、本当の数値はもう少し少ないです。あと、煩悩と同じ長さとか書きたかった、ですかね。



情報は鵜呑みせず、確認しないといけないということが言いたいだけです。




posted by @UMA at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでも良いこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

GIGAZINEのとある記事で


見かけた漏斗がハイスピードロートっぽい。


クリアカラーしか見たことなかったから、ほかの色があるなんて知らなかった。


とは言うものの、クリアの漏斗も使わずに置いたままになってる。


実にカテゴリに合ったぴったりの内容だな。




posted by @UMA at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでも良いこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。